床下に湿気が溜まりやすいと白蟻も寄り付きやすくなる

石灰を使うことで得られるメリットを知ろう 石灰を使うことで得られるメリットを知ろう

床下に湿気が溜まるのには何らかの原因がある

白蟻

床下に湿気が溜まると、木材に湿気が付着します。木材は湿気を吸うので、場合によっては湿気を吸うことで腐りやすくなってしまうのです。また湿気が発生することによって、白蟻が住み着きやすい環境になります。そうなると、白蟻が寄り付いてきやすくなってしまうでしょう。被害に遭うリスクが高まります。

床下の中に湿気が溜まる原因

自宅のある場所が他の住宅に比べて低い
家の立地によっては、湿気が溜まりやすい場所があります。特に他の家よりも少し低い場所に家がある場合です。水は下の方に流れて溜まっていくので、どうしても湿気が多くなってしまうのです。立地による問題は、解消することができないことが多いです。しかし対策グッズなどを使えば湿気の問題が改善される場合もあるので、対策することは諦めないでください。
床下に隙間がほとんどない
床下の隙間がほとんどないのは問題です。床下の隙間がなければ、風通しが悪くなってしまうので、当然湿気も溜まりやすくなります。また大量の雨が降った時などは、地面との隙間が無いほど床下が低ければ、長時間水が触れた状態になってしまい腐る原因となります。
台風や洪水で床下に水が溜まったことがある
台風や洪水の影響によって床下に大量の水が溜まるということがあります。水の量が多いと、水がなくなるまで結構な時間が必要となります。そうなると、その間ずっと湿気が増えている状態になるのです。白蟻にとって湿気がある環境は、最高の住処となってしまうので気をつけましょう。

床下から水分を排出することはとても重要です。

床下に湿気が溜まった状態だと、木材がカビや腐朽菌によって腐ってしまう可能性があります。特に排水管周りは要注意です。排水管の中を流れる水の温度と、外の温度に差があれば、水滴が発生するので湿気のもととなります。床下で湿気が増えることで、良いことは一つもないので乾燥させることが必要です。床下に発生するカビや腐朽菌などは家の耐久性能を大きく下げる原因となります。他にも、白蟻が特に厄介です。住宅がこの白蟻に蝕まれると、家の端から端まで食べつくされてしまうこともあるのです。地震などが起きた時に壊れやすくなるので、白蟻は早めに駆除することをおすすめします。

白蟻対策に石灰は有効な対策

床下に湿気が溜まってしまうと白蟻が侵入してくる可能性が高くなります。白蟻が一度住宅内に侵入してしまうと、駆除するのにかなり苦労するのです。ですから侵入される可能性を少しでも低くすることが肝心となります。

石灰に含まれる効果

害虫の侵入を防ぐ
害虫の侵入を防ぐのに使えるアイテムでは石灰が挙げられます。この石灰というのはよくグラウンドなどで白線を引く時に使われる白い粉のことです。この石灰を家の周りに撒くだけで害虫が入るのを防ぐことができるでしょう。
湿気を解消し、カビの発生を防ぐ
強アルカリ反応のある石灰を使えば、湿気を取り除くことができると同時に、カビや白蟻の発生を防いでくれるのです。また、この方法は最近から知られたわけではなく、昔からよく行なわれていた方法とされています。石灰を使用して、除湿・防虫をしていきましょう。
石灰

石灰は白蟻対策をする上でかなり使えるアイテムだといえるでしょう。自宅の床下に湿気が溜まりやすいという場合は、床下に石灰を撒きましょう。一番厄介なのは床下の湿気といえます。この床下の湿気さえどうにかすることができれば、多くの問題が解決されたも同然といえるでしょう。

TOPボタン